手汗専用の制汗剤ファリネの効果について紹介しています

手汗の制汗剤【ファリネの効果】

手汗

手汗をかかない簡単な方法を紹介

投稿日:

%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%92%e6%ad%a9%e3%81%8f
手をつなぐ時、名刺交換をする時、さらには大事な種類に記入する時など、手汗をかかないようにしたいと思う場面は幾つもあるものです。では、もともと手汗に悩む人が手汗をかかないようにすることはできるのでしょうか。自分でできる簡単な方法について考えてみましょう。

首の後ろを冷やす

まず、手汗をかかないようにするためにできる方法の一つは、首の後ろ部分を冷やすことです。暑い時に氷枕を首の後ろに当てて冷やしたり、寒い時に首にマフラーを巻いたりして経験済みのように、一般に首の部分を冷やしたり温めたりすることには大きな効果があります。それは、この部分に体温を調節する神経があるからです。手汗が気になる時には、首の後ろに濡れタオルを当てたり、アイスノンを当てたりして冷やしてみましょう。

適度な運動をする

もう一つの方法は、適度な運動をして良い汗をかくことです。手汗が気になってついつい運動を控えてしまうという方がいるものです。しかし、これでは逆効果です。ジョギングやウォーキングなど、簡単で手軽に行なうことができる運動を意識的に行なって汗を出すようにしましょう。そうすることによって、気になる手の汗はかなりの程度抑えられます。

ストレスを溜めない

さらに、手汗をかかないようにする別の方法としては、気持ちを切り替えるというものがあります。例えば、手や足などの部位には多くのエクリン腺が存在しています。そのために汗の量も増えてしまうわけですが、意識し過ぎることもよくないのです。

つまり、汗をかいたらどうしよう、なんとか止めなければ、と心配し過ぎたり意識し過ぎたりすることが、かえって発汗を促してしまうのです。それで、自分にあまりストレスやプレッシャーを与えないよう、気持ちを楽に持ち、上手に切り替えるようにしましょう。そうするなら、汗を止める面での効果を実感できます。

ツボで汗を止める

加えて、別の簡単に行なえる方法は、ツボ押しです。私たちの手や足には手汗を抑えるツボが幾つかあります。もちろん、押したらすぐに汗が引くというわけではありませんが、確かに効果はありますし、いつでもどこでも手軽に行なえるため、ツボのある個所と押す時のポイントを覚えておくことができます。

ツボの一つは、手の平の中央部分にある老宮と呼ばれるものです。このツボを押すことで、体の緊張を緩和させたり、気持ちをリラックスさせたりする効果があります。上述しましたように、発汗には気持ちの切り替えが大きく関係しています。このツボを刺激することで気持ちをリラックスさせ、気になる手の汗を抑えることができるのです。

手にあるもう一つのツボは合谷と呼ばれるものです。この合谷は、体の熱や水分量を調整する働きを持つ部分です。そのため、このツボを適度に刺激することによって、発汗をコントロールすることができます。さらに、私たちの足にもツボがあり、復溜と呼ばれている部分です。これは水分の代謝を調節する部分となっています。

いずれのツボを押す際にも、ポイントはゆっくりリラックスしながら押すことです。即効性を狙うつもりで行なうというよりは、いつでも時間がある時に根気強く行なうことによって、改善を図ることができます。

自律神経を整える

これらに加えて、手汗をかかないようにするために行なうことができるものとして、自律神経を整えるというものがあります。基本的に言って、手にかく汗が酷くなる一つの理由に、自律神経の乱れがあります。つまり、自律神経が乱れることによって、汗の調節が上手にできなくなり、結果として酷い発汗へとつながってしまうというわけです。

そこで、その自律神経を整えてあげることによって症状の改善を図ることができるのです。自律神経を整えるためには、これまでの生活スタイルを改めることが関係しています。簡単に言えば、日頃の運動不足を解消すること、不摂生な食習慣を改善すること、さらには不規則な生活習慣を改善することが求められます。このようにするなら、根本的に改善する上で大きな効果を発揮するため、すぐに効果が現れないからと言ってあきらめることなく、是非とも続けてみましょう。

ミョウバン液で手汗を止める

もう一つ、自分で簡単に手汗を抑える方法があります。それは、薄めたミョウバン液をつけることです。一般に、漬物を作る時などに使うミョウバンですが、手汗を抑えるのにも効果があります。ミョウバン液の作り方も使い方も非常に簡単です。

ミョウバンを水で薄めてミョウバン液を作り、それをさらに水道水で薄めて手の平につけるだけです。薄める際に使う水は水道水が適しています。なぜなら、水道水に含まれている塩素のおかげで腐敗を防ぐことができるからです。塩素には優れた殺菌効果があるためです。ミネラルウォーターや浄水器を通した水ではなく、必ず水道水で作りましょう。

手汗専用の制汗剤を使う

さらに、手の汗専用の制汗剤ファリネなどを使用することもできます。ポイントは、脇用の制汗剤ではなく、手専用のものを使うということです。気になる汗を拭いて、制汗剤を手の平につけるだけでさらさらの状態を保つことができます。

-手汗

Copyright© 手汗の制汗剤【ファリネの効果】 , 2017 AllRights Reserved.