手汗専用の制汗剤ファリネの効果について紹介しています

手汗の制汗剤【ファリネの効果】

手汗

手汗の治療でおすすめの方法

更新日:

%e6%b2%bb%e7%99%82

手汗治療でおすすめなのは、直接的なケアを始めとして、段階的に治療の強度を高める方法です。

最終的には、手術の選択肢もありますが、副作用的なリスクが存在するので、最後の手段に取っておくことがおすすめです。

日常生活に大きな支障がなく、不快感を感じる程度の場合は、市販の制汗剤を塗る方法があります。ドラッグストアやスーパー等、市販の商品はお手軽ですが、手汗専用に開発された物は少ないので、症状の度合いが進むと効果が発揮されにくくなります。

手汗対策に塩化アルミニウム

手を洗っても直ぐに汗ばんだり、ハンカチやタオルが手放せないのであれば、手汗対策に開発された塗り薬が、期待感を感じさせる対処方法に変わります。
塩化アルミニウムは、汗が出る毛穴に入り込むことで、発汗を止める作用を行います。

発汗機能だけではなく、汗の生産自体が弱まる報告もありますから、汗が早く乾きベタつかない程度ではなく、発生量の軽減が期待に結び付く治療効果です。

使い方は、毎晩の就寝前に手を洗い乾かし、清潔な状態で塗り込むだけと簡単です。衣類に付着すれば、汗と反応して色が抜けることがあるので、暑くても手袋を着用することが必要です。

しかし、副作用は痒みや赤み程度ですから、重篤な状態に陥るリスクのない、極めて安全な治療方法になります。注意点としては、必ず試薬や薬品の知識を持つ、医者が作った薬の購入を行い、指導に従い治療することが挙げられます。

試薬を入手して、自ら塩化アルミニウム水溶液を作るやり方もありますが、薬品の反応に危険が伴うのでおすすめできません。一方、医者が処方する薬ではなくても、製薬会社が設計、製造している商品であれば、十分に代用することが可能です。

塩化アルミニウムか、同等の作用を持つ成分が含まれることで、手汗を抑える効果に期待出来ます。清潔で乾いている手に塗ること、継続して効果を引き出す点が共通していますから、後は挑戦する意欲と効果を希望する人におすすめします。

二週間から一ヶ月程続けると、次第に一日の発汗量が減少して、塗らいない日を設けても、発汗が気になりにくくなります。これらの医薬品、あるいは医薬部外品に相当する商品は、市販の制汗剤とは一線を画する作用があります。

勿論、効果の現れ方や持続性に個人差はありますが、軽度の手汗から中度までであれば、生活の質を改善出来る可能性が得られます。必要なのは、まず挑戦して効果を確認してみること、そして結果や状態に応じて、次の方法を考える段階的な取り組み方です。

手術で手汗を治療

市販商品で効果が見られず、手術しかないと思っている人は、ステップアップして次を試してみることが大切です。一般的に、手術は非可逆的な性質があるので、一度切ってしまえば、副作用で後悔しても元に戻せないと考えられます。

切らずに戻せる、可逆的な手術もありますが、やはり完全に元通りに戻すのは難しく、以前よりも悪化することがあります。外用的な対処法は、手術に比べると効果は限定されますし、継続を必要とする手間はありますが、逆に副作用や安全性に関しては優れています。

手術費の負担が難しかったり、副作用のリスクが大き過ぎると考える場合にもおすすめなので、気軽さと安全性を重視したい人に最適の選択肢です。症状が中程度以上で、塗り

手汗にイオン導入治療法

薬の効果が発揮されない時は、ステップをもう一つ進めて、イオン導入治療法を選択することが出来ます。イオン導入とは、薬品を液体に溶かし、電気の力で患部に成分を届ける技術です。

手汗の場合は、アルミ板を電気でイオン状態に変え、電流を流して患部にアルミニウムイオンを届けます。日本では、この医療設備を持つクリニックは限られますが、アメリカでは家庭用の医療機器が販売されている程、身近な選択肢になっています。

国内で試してみたい時は、設備を有する身近なクリニックを訪問するか、海外から家庭用の機器を個人輸入する方法があります。前者は数が限られますが、安全かつ効果があるか確認したい場合に有効です。

後者には、英語や輸入のハードルはありますが、乗り越えて挑戦するに値した価値が存在します。ただ決して手軽ではなく、効果が得られる保証もないので、最初は身近な選択肢から試すことがおすすめなのは変わりません。

完全でなくても、発汗が弱まり汗の量が減るなら、迷うよりも挑戦してみることが肝心です。副作用の心配が少なく、挑戦のコストが低ければ尚更ですから、まずは市販の商品を使い、効果が得られなければ医薬部外品の選択を行い始めます。

大抵の症状であれば、塗り薬で症状が抑えられたり、気にならない程度まで軽減する結果が実現します。ツボを刺激したり、ストレスを溜めない対処法もありますが、あくまでも補助的なやり方ですから、基本は対症療法で症状を抑えることが重要です。

症状が軽減され始めると、握手や手繋ぎ等の抵抗感がなくなり、心理的な負担が減って回復に進む好循環が始まります。

-手汗

Copyright© 手汗の制汗剤【ファリネの効果】 , 2017 AllRights Reserved.