手汗専用の制汗剤ファリネの効果について紹介しています

手汗の制汗剤【ファリネの効果】

手汗

わきがの人は手汗をかきやすい!?

更新日:

脇汗
わきがの人は「わき汗をかきやすい体質」であることが1つの原因になっていますが、そもそもわき汗をかきやすい体質の人が全員わきがであると言う訳ではありません。「わきがとはどういう状態を定義するのか」と言うことをしっかりと覚えておかないと、ただ単に汗をかきやすい人(汗っかき・多汗症など)をわきがとして認識してしまうリスクがあります。

もちろん、汗をかきやすい=汗臭が強く出やすいと言う傾向はあります。しかし、通常の汗臭とわきが臭は全く別物だと考えることが必要になる以上、単に汗をかく人がわきがであると認定される根拠はどこにもありませんし、逆に言えば「わきだけに汗をかきやすい体質でもわきがの症状が出る可能性もある」と言うことになります。

わきが治療の方法には色々なものがありますが、「わきがの原因となる汗腺を除去する」という方法が最も効果的です。わきがは「アポクリン汗腺から分泌されるアポクリン汗」によって引き起こされる症状です。アポクリン汗腺は手には存在していないので、どれ程多くの手汗をかいたとしてもそこからわきが臭がすることはありません。わきに存在するアポクリン汗腺が分泌するアポクリン汗によって「わきで発生する異臭」がわきがであり、それ以外の部分(陰部など)で発生した場合には呼び名が変わることもあります。

そもそもの話になりますが、「わきがに対して強い嫌悪感を抱く文化」は世界的にみると珍しいものです。日本国内に限定して考える場合、わきがの症状を持つ人の割合は全体の1/3以下であるため「普通ではない」と感じてしまう傾向があります。しかし、欧米などでは人口の半数以上がわきが体質であると言われているため、むしろ「臭いがある環境が普通」という認識が強く、わきが臭がするからと言って日本人ほどの嫌悪感を感じることがありません。

つまり、「わきがは異常な状態ではない」と言うことが言えるため、日本人は根本的な考え方・認識を改めるべきだと言われています。ただ、そうはいっても日本国内で日本人とともに生活していく状況であれば、「周囲に迷惑を掛けないようにする」という教育を幼少期から受けてきている以上は割り切ることが難しく、その影響もあって「わきが治療」を行う人がたくさんいます。中には幼少期の段階で治療を行う人も居るほど、日本人にとっては避けたい状態であることが分かります。

手汗をかく原因は様々です。暑いから・寒いから、緊張しているから、副交感神経以上などの原因がありますが、「そもそも人体はなぜ汗をかくのか」と言えば「生命維持のため」です。例えば、汗をかくことで体表面の熱を放散することで体温の上昇をコントロールしたりする目的がありますが、これを強制的に抑制してしまうこと自体は良いことばかりではありません。

特に多いのは「緊張して手汗をかく」という状態ですが、この時に間違った認識を持っていると「手汗をかいているから臭い人だ」と思ってしまう可能性すら否定できません。わきが臭は「アポクリン汗」によって起こる症状であり、アポクリン汗を分泌するアポクリン汗腺は人体の中で存在する場所が限られています。すでに書いた通り手にはアポクリン汗腺がありませんから、当然ながらそこからわきが臭がすることはありえない訳です。

わきが治療によってアポクリン汗腺を除去してしまうと、「そもそも汗をかきづらい体になる」という効果があります。もちろん臭いもなくなりますが、その影響で「体温調節を別の部分で補わなければいけなくなる可能性」があることを理解することが必要です。わきが治療をしてわきからの汗を減らした結果、手から汗が分泌する量が増えると言う可能性もあります。

-手汗

Copyright© 手汗の制汗剤【ファリネの効果】 , 2017 AllRights Reserved.